#74 先入観は可能を不可能にする

マインドセット

「僕はカラダが小さいから…」とか「私には才能がないから…」

と自分の可能性に蓋をしないで欲しい

「うちの子はセンスがないから…」とか「あの選手は特別だから…」

と誰かの可能性を否定しないで欲しい

 

不可能だと思うのは “今まで”の常識や経験から導き出した考えであって

“これから”の可能性には1mmも関係がない

先入観や固定概念・偏見は可能性を潰してしまう

 

私はどのチームでもカラダが小さい選手でした

甲子園に出場した時の体重は56kg笑

全国の3番バッターの中でも最軽量だったんじゃないでしょうか

(監督が気を遣ってプロフィールは62kgと書き変えてくれましたが…)

 

大学でも何とかなるだろう! と思っていましたが そうは問屋が卸さない

練習についていけない… 打球が前に飛ばない… 送球の強さがまるで違う…

 

神奈川NO.1センターの湘北・赤木が王者山王・河田にコテンパンにされた時の晴子さんの絶望感

誇り高きサイヤ人の王子・ベジータがで最終形態のフリーザに全く通用しなかった時の挫折感

がフラッシュバックしました、、、

 

そこから技術練習を一生懸命やるだけじゃだめなんだとようやく気付き

真剣にカラダづくりをするようになりました

いろんな練習法、トレーニング法にチャレンジし

自分のカラダを実験台にして試行錯誤の日々

現役を終えた今でも終わりなきトレーニングの旅は今でも続いています

 

もし身体能力に優れていて 初めから人よりもある程度できてしまっていたら

ここまで野球の魅力にハマらなかったかもしれません

難しいから うまくいかないから だから好きなんだと思います

 

結果的に自分の目指すステージには 辿りつけなかったけど

たくさん悩んで、たくさん脳に汗かいて、たくさん情報を取りにいった 私だから伝えられることがある

 

今でも会う人会う人に 「え、その身体でホントに野球やってたんですか?」って良く言われます笑

 

現役時代はそれがコンプレックスでしたが 今では 「こんな俺でもここまで出来たんだ」

という誇りでもあります

 

現役選手には 「こんな俺でも出来たんだから君ならもっとできる!」って心から応援したい

 

サイヤ人(生まれながらの戦闘民族)じゃなくてもクリリン(地球人最強)になれる! ってことを本気で伝えたい

 

「すべての事柄には良い意味がある」 という格言がありますが

私にとって “カラダが小さいこと” は決してハンデではなく

いろんなことを考えるきっかけと いろんな方とのご縁を与えてくれた

神様からのギフトなんだと思っています

 

私が大好きなメジャーリーガーのひとり   アルテゥーベ選手

身長167cm体重75kgという体格にもかかわらず

現在4年連続200安打 首位打者3回 ホームランも20本以上

 

アルテゥーベ選手の活躍を見ていると カラダを理由に諦めるのはナンセンスだと思う

頑張っても理想に辿り着けないことはあるけど

可能性を信じれば昨日の自分よりは必ず成長できるはず

 

コメント