#77 「正解主義」「前例主義」を打ち破れ!

コーチング

「近頃は若いもんは、、、」

古代エジプトの壁画にも記されているという
この言葉
私が子どもの頃もよく言われたし
今の若い世代を見てそう思う方も多いと思います
どの時代も「近頃の若いもんは、、、」
と言う人の特徴として
「正解主義」「前例主義」であることが多いようです
 この「正解主義」「前例主義」
特に日本のスポーツ界には未だに強く存在します
現代社会の変化が激しい中で
「正解」を見つけることは難しい
「前例」がそのまま通用する時代ではない
「これが正解だ。俺のやってきたことが正しい」
とか
「俺らの時代はそんなもの許されなかった。
だからこうあるべきだ」
とか
「そんなプレーは非常識だ。俺はこうやって教わってきた」
とか
自分の枠の中で正解を求めたり
前例にないことを否定したり…
インターネットが日本に普及し始めたのは
私が小学生の頃
それまでは調べものをしようと思ったとき
図書館に行くか
親や先生や近所の物知りおじさんに聞くかしかなかったし、
メジャーリーググッズを買うのも
カタログの注文用紙をコピーしてFAXみたいな…
でも今の子どもたちは
生まれた時からスマホがあって
いつでも世界に繋がれる状態にある
知りたいことがあれば
一発でgoogle先生が教えてくれるし
欲しいものはワンクリックですぐに届く
だからもっともっと若者の文化を知る努力が必要なんです 
(かくゆう私も恥ずしながらTik Tokを最近知りました)
 

 「近頃の若いもんは素晴らしい!」

未だにスマホ禁止の部活やクラブチームがあるらしいです
   
  
スマホを活用すればもっと上手くなるのに…
  
ムービーで自分のプレーを見れば
どこをどうすればもっと良くなるのか
イメージしてた動きとどんなギャップがあったのか
自ら課題を見つけて改善する力が身につくのに…
スマホを活用することで
どんな良いコーチの指導よりも
何倍も学びがあることだってある
「練習中にスマホなんてけしからん!」
ではなく
「若者の考えは理解できん!」
でもなく
まずは受け入れよう
変なプライドは捨てて
知らなければ子どもたちに聞けばいい
何が流行ってるのか
どうやって使うのか
どんな考えを持っているのか
これからの世の中をリードしていくのは
間違いなくスマホを使いこなす彼ら若者
そんな若者をリスペクトし
多くのことを学ぶ姿勢
そして
「近頃の若いもんは素晴らしい!」
と心から言える素直な大人になろう

コメント