#78 ネイマールはほとんど脳を使わない!?

トレーニング

「ボールは友達」

サッカーブラジル代表のネイマール選手

 

ある研究によると、ネイマール選手がドリブルなどで足を動かす際
脳の活動範囲がアマチュア選手の1割以下だったそうです

 

つまり脳をほとんど使わず無意識にドリブルをしていることになります

 

ドリブルに関しては「脳をほとんど使わない」無意識の状態なので
その他の情報、相手や味方がどこにいるのか?ゴールキーパーがどう動こうとしているのか?
などに意識を使うことができます

 

まさにネイマール選手は「ボールは友達」状態
※ちなみにメッシもジダンもトッティもロナウジーニョもキャプテン翼が大好きらしい

 

「打ちたくないのに打っちゃた」

イチロー選手も過去のインタビューで
   
 

「打ちたくない球を、

勝手に打っちゃうときは、あります。

アタマでは止めたいと思っているのに、

体が打てると反応しちゃって、ヒットになるんですね。

それは、しようと思ってやっていることではないんです。」

と語っています
この「ほとんど脳を使わない」超一流が身につけている自動操作モード
ここにたどり着くには潜在意識を味方につける必要がありそうです

コメント