#86 ホームランが打てるからホームランを狙うんじゃない。 ホームランを狙うからホームランが打てるようになるんだ

バッティング

ホームランこそベストスイング


最近の高校野球の中継を観ていると
スイングがどんどん大きく速く、
強くなっているなーという印象です
観ていてとても気持ちがいい

 

 

子どもの頃、ホームランを打ちたくて
ホームランをたくさん打っている
メジャーリーガーのスイングの真似をして
いたら

 

 

「その打ち方はメジャーリーガーのように、パワーがあるからできるんだ。
まだパワーがないんだから、ホームランを狙うなら、
ホームランを打てる身体になってからにしろ。」

 

 

そう言われ、悲しい気持ちになった記憶があります。

 

※ちなみに真似していたのはケングリフィーJr.です。

 

 

「ヒットの延長がホームラン」

 

 

その言葉を許されたのは
一部の天性のホームランバッターのみ。

 

 

ホームランが打てるから
ホームランを狙うんじゃない。

 

 

ホームランを狙うから
ホームランが打てるようになるんだ。

 

 

ホームランのスイングこそ
それぞれの選手にとってのベストスイングです。

 

 

まずは大きく速く振れること。

 

細かいフォームはそのあとでいいんです。

 

「ホームランの打ち損じがヒット」

 

【PLAY BALL! ACADEMY】には
ホームランのレシピがあります。

 

 

そこに身体の大きさや
レベルは関係ありません。

 

 

スイングは「大きく速く」が原則です。

 

 

そして、バッティングは「大は小を兼ねる」
最たるものです。

 

 

子どもの頃からホームランを狙うような
大きく速いスイングをしていれば

 

 

その後、どんなタイプのバッターにも切り替えが可能です。

 

 

でも、私が少年時代に言われたように
最初から小さいスイングをしていたら

 

 

大きく速いスイングに切り替えるのは
なかなか難しいです。

 

 

「ヒットの延長がホームラン」

 

 

ではななく

 

 

 

「ホームランの打ち損じがヒット」

 

 

その意識でブンブン振って欲しい。

 

 

小学生でまったく当たらなくたって
10年後20年後に逆転のホームランが打てればいい

 

 

日本野球にフルスイングの文化がもっともっと
広がることを願って…

 

コメント