#88 一流はサボりのスペシャリスト

マインドセット

消化不良を起こしていませんか?

「どんな練習もサボらずやりなさい。」

 


こんなことを言われたこと(言ったこと)は
ありませんか?

 

 

もちろん、サボらず一生懸命練習することは大事ですが、
与えられたことを何も考えず、ただがむしゃらにやることはとても危険です。

 

 

栄養素もタイミングも考えず
どんなものもひたすら食べてるのと一緒です。

 

 

これでは胃もたれもするし
消化不良も起こします。

 

 

野球の練習でも実は同じような現状が起きています。

 

 

トップ選手は例外なく
「サボりのスペシャリスト」です。

 

 

ここでいう「サボり」とは

必要だと思う練習は誰よりも集中力を発揮して
全力で取り組む。

 

だけど、必要のない無駄な練習とわかれば
いい意味で手を抜くということです。

 

 

勝負強さの正体は「サボる力」

特に野球のプレーは

 

「爆発的なパワー発揮」と
「瞬間的な集中力」

 

が必要とされるスポーツです。

 

 

半分はベンチに座っていて、
野手に関していえば、自分が関わるプレーは
ほんのわずか

 

 

だからオンとオフが大事

 

 

外国人選手と一緒にプレーしたときに感じたのは
このオンとオフの切り替えが絶妙にうまい

 

 

ピッチャーだって
全員から三振を取るために
全打者に全力を尽くす必要はないんです

 

 

勝負所を見極めて
抑えるべきところしっかり締める

 

 

バッターだって
打つべき球を見極めて
確実に一球で仕留める

 

 

「練習でできないことは、試合でもできない。」

 

 

この言葉が本当なら

練習からサボる練習をしておかないと
本当に大事なところで最大の力を発揮することができません。

 

 

実は勝負強さの正体って
この「サボる力」が関係してると思うんです。

 

 

選手の皆さん、勇気をもってサボりましょう!
指導者の皆さん、勇気をもってサボらせましょう!

 

 

 

勝負強い選手になりたいなら
パフォーマンスを人よりも上げたいなら
「サボる力」を身につけよう

 

 

コメント